大腸がんを完治するなら早期発見を心がけよう

免疫治療の現在

医療機器

より効果が期待出来ます

がん治療の選択肢の一つであるこれまでの免疫療法は、有効率が時に問題でした。免疫細胞にがん細胞を認識させるために、試行錯誤が繰り返されてきたと言えます。こういった免疫療法の問題点を解決したのが、昨今登場した新しいアプローチです。この方法では、正常な細胞を見分けて異形細胞に攻撃を仕掛けるのが特徴となっています。治療後、約7割の方に有効性が認められるのが新たな免疫療法の特徴です。延命効果も高く、生存率にも大きな変化が見られます。確実な手ごたえが得やすいとして、人気を呼んでいるのがこの新しい免疫療法です。治療を進めるに当たっても一定の実績があれば、安心が得られます。がんの進行が抑えられることは、この免疫療法の大きなメリットです。

治療を急ぐ必要があります

がんは、一般的に所定のステージを経て進行していきます。早期がんの場合でも、そのまま進行すると約数年でステージ4に至ってしまうため油断は禁物です。従って、多くのがんは発見された段階でかなり治療を急ぐ必要が出てきます。発見時にある程度進行している場合には、さらに急を要するのががんの特徴です。早期がんの段階に至るまでの間に、がんは既に体内に存在します。こういった兆候は、特殊な血液検査を行うことで把握することが可能です。がんが形を形成して早期がんとなるまでには、約10年の歳月がかかると言われます。ですので、この間に兆候を発見することが重要です。免疫療法を行うクリニックでは、こういった最先端の血液検査も行います。