大腸がんを完治するなら早期発見を心がけよう

ヘルニア治療について

腰痛

鼠径ヘルニアは、筋肉の衰えなどが原因で腸の一部が突出してくる病気です。完治させるためには、外科手術が必要となります。最近では、手術前に使用出来るサポーターが利用可能です。こういったアイテムは、手術前後の不安や心身のストレスを軽減できるとして人気があります。

もっと見る

免疫治療の現在

医療機器

免疫療法には新たな方法が登場しており、延命率が上がるとして人気です。確かな手ごたえが見込めることが、この治療の大きな魅力となっています。がんは早期からの進行が早く、速やかな治療が必要です。特殊な血液検査では、より早くがんの兆候が発見出来ます。

もっと見る

睡眠中の危険な病気

眠っている女性

睡眠時無呼吸症候群は手術でなければ治すことは不可能ですが、CPAPという装置を使って睡眠中に強制的に呼吸をさせる治療を行えば、症状は改善します。睡眠時無呼吸症候群の原因は様々です。自覚は難しいのですが、寝ても疲労感がある、寝汗をかく、起床時に口が渇いているのであれば、発症を疑うべきです。

もっと見る

早期発見でほとんど完治

医師と看護師

異常があればすぐ病院へ

現代人が大腸がんになる主な原因は、食の欧米化や喫煙と飲酒と考えられています。食の欧米化とは、肉や油によるタンパク質と脂肪分が多い食事の傾向を言います。高タンパク質や高カロリーの食事をしていると、便が腸内に長い時間留まってしまい、便に含まれる癌物も一緒に腸内に留まってしまうので癌になる確率が高くなると考えられています。また喫煙者は大腸がんになりやすいので注意が必要です。喫煙者は喫煙により日常的にタールやニコチンなどの有害物室を体内に入れている事で、たばこを吸わない人の約7倍大腸がんなりやすいやすいと言われています。また飲酒も大腸がんになるリスクを高める原因になりやすく、喫煙と飲酒で原因の半数を占めてしまうとも言われているほどです。

食事と喫煙に注意

大腸がんは現代人にとても多い病気で、年間に男女合わせて10万人程度が大腸がんと診断されています。大腸がんは結腸、盲腸、直腸を含んだ長さ2mほどの範囲に出来る癌で、早期の場合では自覚症状がほとんどなく、ある程度の進行で出血がある場合でも便に混ざってしまい、なかなか気付きにくいと言われています。また大腸がんができた場所により、異常に気付きやすい場合と気付きにくい場合とがあります。異常に気付きやすいのは肛門に近い部分ですが、上行結腸と下行結腸と言われる部分に癌ができると、便が液状になり血液と混ざってしま異常に気付きにくくなります。大腸がんの症状は排便以外に、お腹の違和感や貧血、おう吐、体重の減少などが現れます。出血以外にお腹が張ったり、腹痛やしこりなどがある場合もあるので、異常に気が付いたら早急に診察を受ける必要があります。